イタリアでF1観戦をする際に必要なアイテム
ロゴ

日差し対策や寒さ対策が重要【F1イタリアグランプリを満喫するには】

イタリアでF1観戦をする際に必要なアイテム

フォーミュラカー

サングラスは必須

F1観戦の際には、日差し対策が必須になります。ナイトレースやトワイライトレースでもない限りは、数時間も直射日光に晒されることとなるからです。何も対策をしていないと日焼けしてしまいますし、熱中症にかかってしまう可能性も高くなります。
具体的にあれば助かるアイテムとしては、まずサングラスが挙げられます。帽子やウェアは現地でいくらでも調達可能なのですが、サングラスは意外に買いにくいです。特に度入りのサングラスを使いたいなら、事前に用意しておくしかありません。

現地の天気を事前に調べる

サーキットは、天気が変わりやすい山間に存在することも多いです。観戦の際には、現地の天気を調べておく必要がありそうです。急に雨が降ってくることもありますし、万が一の場合に備えて雨合羽や傘の準備は欠かせません。
海外なら、当日の気温チェックも重要です。場所によっては寒暖差が激しくなることも考えられるからです。

朝晩は冷えるので上着を持とう

海外には、朝晩が急激に冷え込む場所も多くあります。日本のように温暖な地域ばかりではありませんから、体調を崩してしまわないように上着を持っていく必要性は高いです。暑いなら脱げばいいだけですから、まずは寒さ対策を万全にしておくのが賢い方法となります。
トワイライトレースと言って開始時間が夕方からというグランプリもあります。その場合はさらに入念な準備が求められるでしょう。

F1イタリアグランプリ開催の流れ

まずはフリー走行から

どのグランプリにも共通して言えることですが、いきなり決勝レース開始とはいきません。まずは、フリー走行という練習から始める必要があるからです。最初の一日目は二度のフリー走行を行います。ここで各チームはマシンのセッティングを詰めていきます。

二日目には予選を行う

二日目にもフリー走行を行いますが、この日は予選も行います。予選の結果次第で、決勝のスタート位置が変わります。ですから、この日からすでに戦いは始まっていると言っても過言ではないのです。

三日目にようやく決勝を迎える

予選の結果を受けて、決勝でのスタートポジションが決まります。重要なのは最終的に何位になるかということだけですから、予選では戦略的に手を抜くチームも少なくはありません。しかし決勝ではもちろん、できる工夫はすべてして上位を目指すこととなります。

広告募集中